へんなあみもの

2015年09月02日

伊勢丹新宿本店「彩り祭2015」ショーウインドウ編みディスプレイ中でござ〜い!9/29迄

難解な人は、
難解なところが素敵なのだけれど、
難解だ。

理解しようとする方が、難解だ。
切り出し方が厄介だ。
何回、ドツボに嵌るのか。
実は、好んで嵌りはいっている。
(難解♨温泉 :ひやぁ〜 いい難解湯ですねー。)

素直に難解を飲み込んでしまえー
溢れ漏れる難解は、なんとも魅力的だ。

難解な人の気持ちを理解する前に
自分の気持ちを理解しましょう。
はい。
それが、一番、難解だ。、、


さて、この幾日か、
折角買ったスイカに手が伸びないほど、
秋を感ずる涼しさでございましたが、
なにやら、夏が戻ってきましたかね。

冷えすぎてます。。スイカ。


さてさて、
伊勢丹新宿本店 にて、
「彩り祭2015」開催中!
今年の全体のテーマは 
ファッションとデジタルが融合したライフスタイル。
でして、
私もちょいと参加させて頂いており、
ショーウインドウを編みディスプレイしております。

▷設置展示場所 
 本館 1F エレベーター前ウインドウ
 (B1に降りる方のエレベーター前です)
 (1F シュウウエムラ付近です。)

▷期間:8/26(水)〜9/29(火)まで


トーキョーニット族-203gow


様々な「トーキョー族」が1Fに集合中。
私のテーマは、「トーキョーニット族」


トーキョーニット族とは。

なんでもありふれているこのトーキョーにて
糸と編針を使い手編みで、
いちから作り上げるニット族。

包むココロを大切に、
何かと巻きつけ包む、守る、温めるニット族。

伝統を受け編み継ぎ、
黒電話を編み包み掲げるニット族。

デジタル時代にも合わせて、
パソコンや電気スタンドを
編み包んでしまうニット族

編み文化をこれからも
伝承しつづけるニット族。

トーキョーニット族-203gow-彩り祭2015


ショーウインドウの外枠にも
編み巻きつけてありますのですよ!
(私の編み歴史(伊勢丹篇)を知る方は、
 2重に楽しめるのではないかと!!!!)



トーキョーニット族-203gow-彩り祭2015



ぜひ、伊勢丹新宿本店にて
全体編み像をご覧ください。

(ちなみに、伊勢丹新宿店では、撮影はNGですのでーー。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VOGUE JAPANブロガーの"LuLuさん"が、
現在、伊勢丹新宿本店にて展示中の
「彩り祭2015 - トーキョーニット族篇」
編みディスプレイの事を
記事に盛り込んでくださいました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

m203gow at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月12日

[編み掲載 / 編み師の編みつぶし] 手を伸ばせば、ボルダリング編みのある風景。

探し物は、見つからないが
探してない物がみつかる。

思いもよらないところから出てくる。

一気に探していない物の記憶が
思い出と共に蘇る。

たった一つの探していない物で
時が止まり、
何年、何十年と遡り
時間を忘れさす。

懐かしくもあり、楽しくもあり、
嫌なこともあり、
反省する振りをしつつ、
湧いてくる記憶を探る

我に返り、
その探していない物を手に
捨てるのか、また戻すのか。

そして、また、
忘れる。


取るに足らん思い出なんぞ
捨ててしまうのじゃ。

思い出とこころは、
軽い方が良いね。

思い出軽量化。


さて、
暑くとも、連載中なんです。

地味に読んでくださっている
読者の皆様、ありがとうございます。

「編み師の編みつぶし」第十五回
今回の編みのある風景は、


「手を伸ばせば、
 ボルダリング編みのある風景。」



ボルダリング編み



そこに、手がかりがある。
手を伸ばせば、また、手がかりがある。
手がかりを求めて、
登り行く。

行き先は、手がかり次第。
たくさんの手がかりの中から
どれを選ぶのか。

選択は、無限にあり、
手がかりも無数にある。
指先に神経を集中させる。

行き詰まる場合もあるが、
問題解決な手がかりもある。

なぜ登るのか。

手がかりがそこにあるから。



おしまい。



<発売中>
季刊誌「毛糸だま」 2015 秋号 No.167 (8/5発売) 掲載




▷"あみつぶし"とは、
世の中の全てが"編み"に見える為、
編みの世界の日常を一部切り取り、
分かりやすく写真と文章で、
ご紹介する編み作品である。

編みのある風景を見て、
どこかココロの隙間とお暇を、
編みで埋めて貰えれば幸いです。

全作品が見れるサイトを
設けましたのでよ

編みのある風景 あみつぶし



m203gow at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月08日

2015 ロバ展 編み作品と、ロバ毛ワークショップ開催報告。

扇風機の風に
毛糸が踊り、
吊るされ編みクラゲたちが
騒めく。

(わさわさわさわさ、、、)

半分減った
アイスコーヒーの
氷が崩れ音立てる。

夏編み本番ですが
いかがお過ごしでしょうか。

(みーんみんみんみー、みーんみんみんみーん)

熱中症にはお気をつけください。
編み熱中。


さてと、

先日、8/1、8/4、と、
開催しました、ロバ毛バックワークショプ
ご参加くださいました皆様
ありがとうございます。

一部出来あった作品をご紹介します〜



2015-ロバ展編みワークショップ


ロバ展限定
「ロバ毛フリンジバックを作ろう!」2015

A4サイズのエコバッグに、
ロバの顔を書いて、
お好きな色の毛糸でフリンジ付けをする。
目や鼻をアレンジ刺繍して、
オリジナルなロバ毛フリンジバッグを作ります。

・ロバ毛・講師&ロバマイスター
 203gow(ニイマルサンゴウ)


ということで、
さて、どんな毛ロバが出来たでしょうか

まず、下絵を選んでもらいます〜
全4種、
(絵を描きた方はどうぞどうぞ。)

2015-8-1-ロバ展ワークショップ絵0001
絵/203gow


下絵を選んだら、エコバックにチクチクします〜。



次に、好きな糸を選んで
ひたすらフリンジ付けしますーー。
DSC_4735 (1)


毛盛りしてくださいね〜



お!完成間近か!!





さてさて続々と出来上がって参りました〜



出来上がって、お披露目会です〜
かわいい〜毛ロバが付いてますよ!
なんとなく、似ているような、似ていないような〜
自分だけのオリジナル、ロバ毛バックです〜




他にも、ユニーク極まりない毛ロバが
出来上がりましたよ。
今回は、フリンジ付けの作業が主なので、
とても没頭しやすいワークショップでした。
フリンジ付けは、覚えておくと
なにかと役に立つ便利な編み業です。
(編んでないけど。。)


楽しかっですね!
楽しかったですよ。



ロバ毛編み作品ご紹介。

編みロバおめめ1


ロバマイスターということで、
ロバ展参加者用の指定キャンバスよりも
ひと回り大きいサイズの
ロバマイスターキャンバスなのです。
(40×40/cm)

編みロバおめめ


ロバは、お耳が大きくて
愛嬌のある顔をしています。
特に私が好きなのは、
ロバのお目目周りです。
色味は、グレー系で構成。
サイドまで一面まるまる編み、
毛糸、麻糸、コットン糸、パルプ糸、
各種混ぜてフリンジ付けで質感を出し、
もこもこ冬毛仕立てで
なかなかかわい編みロバ仕上げ。

リビングなどにいかがかと。

そこは、もう、
風薫るロバのいる草原です。


今回も参加者が100名以上になりました。
ギャラリー一面、素敵な作品が溢れています。
イラスト、立体、見ているだけで
楽しくなります。

8月9日(日)までの開催です〜
皆様のお越しをお待ちしております。
ロバマイスター 203gow

2015-ロバミュージアム


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年開催のロバミュージアムのロバ展は、
去年2014と、今年2015、と2回
ワークショップしました。

ちなみに、去年はですね、

ロバ耳ワークショップを作ろう!2014

ニッティングマシンで作る
編みロバ耳〜〜〜!
こちらも、楽しかったですよ!

編みロバ耳ワークショップ 203gow


編みロバ耳ワークショップ-203gow

写真掲載/タンバリンギャラリー


去年のご様子はこちら ↓
 ▷2014-ロバミュージアム ロバ展

他にも、編み行事を執行し
ギャラリー内を編みロバ装飾+ライブ編み

2014-ロバ展-ライブ編み203gow





編みロバ〜〜〜。





m203gow at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月26日

[編みワークショップお知セ] ロバ展限定!ロバ毛フリンジバックを作ろう!」

花火はどこから見ているのか。
花火が見ているのか、
花火を観ているのか。
どの角度から見るのか。
観ないのか。
花火大会シーズンでございますが、
いかがお過ごしでしょうか。

誰と何処で、何をどうする、どうしたい。
何もしないと始まらない。
始まらないけど進んでいく。
花火は何処で観るのか。
何を思いながら観ているのか。
花火は何をみているのか。


先日、横須賀へ出向きまして
久々に海を触ってきた。
生家の近くに海があり、
海岸へ行くと、いつも浜辺を貝やガラス石を
探すのが日課だった。(ハマトビムシとかもね)
思い出しつつ、浜辺を歩く。

対岸には、房総半島。
黙々と行き交う大型船は、
思いのほか早く感じ、見飽きない
日に500隻はくだらないという。
日差しが眩しい。
かき氷の暖簾が靡く。
ヨットもいた、海に浸かる人々。

目欲しい貝が見当たらない、
ちょうど良いガラス石が見つからない。
あちこちに点在するクラゲは、見つけた。

クラゲとクラゲ。

クラゲとクラゲ

お互い、海へ返ることはないだろう。

横須賀の件は、また追って連絡ス。


さて、
やっと本題。

[編みワークショップのお知らせ]

外苑前にあるタンバリンギャラリーにて
7/28(火)〜 ロバミュージアム2015 
通称 ロバ展が開催されます。

ロバ展限定〜!
編みワークショップを行いますよ!

2015-ロバ展編みワークショップ


「ロバ毛フリンジバックを作ろう!」

A4サイズのエコバッグに、
ロバの顔を書いて、
お好きな色の毛糸でフリンジ付けをする。
目や鼻をアレンジ刺繍して、
オリジナルなロバ毛フリンジバッグを作ります。

▷日にち  8月1日(土) 13:00〜17:00
      8月4日(火) 13:00〜17:00
▷参加費  お一人様 2,000円 (材料費/税込)
▷参加人数 10名
▷所要時間 2時間
▷場所    タンバリンギャラリー
   〒150-0001東京都渋谷区神宮前2-3-24 

・ロバ毛・講師&ロバマイスター
 203gow(ニイマルサンゴウ)

・随時受付しておりますが、定員が10名ですので、
 満席の場合は、お時間帯をずらして承る場合が
 ございます。  

☆問合せ&予約申し込みは、
 ・希望日、(時間帯)
 ・参加者氏名
 ・参加人数 を記入し
  下記のメールアドレスにお送りください。
  <roba.museum@gmail.com>


では、ロバ展で会いましょう〜。

2015-ロバミュージアム




m203gow at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月23日

京都へ通う。京都嵯峨芸術大学 特別編み講師篇。

梅雨は、明けたのですかね。
髪の毛が、うねり渦巻きますが、
みなさま、いかがお過ごしでござんしょ。

くせ毛です。


毎年同じことを聞かれますが、、
夏でも編みますよ、普通に。
毛糸に囲まれてますよ、いつものように。
ええ、慣れてますから。
はい。
そうですね、多分、この先も同じじゃないかと。
はい。
じゃ、カフェラテ。、ホットで。
夏用の工夫は、多少ありますけど。
そうですね、手汗により糸の滑りが悪くなるので、
ワタクシ専用の指カバー(手作り)をします。
いつくか素材違いで持っていますよ。
はい。
ええ、毎年同じことを聞かれますが。。


さて、さて。
密かにですね、
京都へ通っておりまして、
学校へ通っておりまして。
入学したのではなくてですね、
講師として通っているわけで。
特別授業の講師を任命されましてですね。

京都嵯峨嵐山方面にある
京都嵯峨芸術大学
にて、
芸術学部デザイン学科
染織・テキスタイル領域 

編み講師 203gow先生です。(にいまる先生/略)

京都嵯峨芸術大学-203gow先生


染織や、織物をがメインですが、
今回、私のお役目は、立体物を編み作ること。
非常に得意分野ですが!!
学生たちは、平面構成が主なので、
立体物の経験があまりないようです。
教えて!203gow先生!

さて、どうなりますかね。


まず、テーマを設けまして
(その内、公開しますー)
各自、テーマに沿ったコンセプトを決めて
デッサンしてもらいます。

編み物は初めて!という生徒さんも
いらっしゃったので、編み方から教えましたよ。
一般的基本編み、くさり編み、細編み、ワ編み、筒編み、、
他、左利き編みもちょろりと教えまして、
どういう風に立体的に編むのかを練習。

(私の糸の掛け方が、
 一般基本の掛け方と違うことに気ずく。。
 ちょっとの差で、然程変わりはないんですけども、ね。
 ま、編みやすければ、どちらでも良いと思いますが、
 既に私方式で慣れているので。私はそのままで。)


短期で制作をしなくてはいけない為、
編む事を前提に、糸を使う、結ぶ、フリンジ付けや、
ニッティングマシンも導入し、
テーマに合えば、糸以外の素材も組み合わせて
立体物を作ってもらう。

さて、上手に立体造形になりますかね。
楽しみですね〜。

生徒さんは、女子率が高いですが、
男子生徒も含まれておりますのです。
男子編みも流行ってますので、
頑張って頂きたいですな。


DSC_4693

大学近所の車折神社



コンセプトとデッサンを見て回って、
なんでしょうか。
内内に籠りたい感じのイメージが多ございましたが、
なんでしょうか、、
そういう時代なのでしょうか。
ま、私も編み籠っていると云えば、そうなんですが。

で、
各自、制作に取り掛かってもらって
先日、最終工程を見て参りました。

一部編みを使って、皆さん、
それぞれのコンセプトに沿った
立体物を制作していました。
とても面白かったです。
制作の時間が短いのが、悔やまれますが
期間内に上手に制作したとおもいますよ。

これを機会に、今後も編み物、編む事を取り入れた
作品を制作して頂けたらな〜と思いました。
立体物を作るのは、簡単なようで難しく奥が深いので
探れば探るほど、面白くなって行くと思うのですが、
自分の好きなカタチを見つけてくれたらとも思います。

なにはともあれ、
夏休み前までに、全員編み課題提出ですから。
そして、
10月末に学内で、展示予定です。

またその後のお知らせもしますーー。


DSC_4709

虹。


m203gow at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
最新記事
Archives
BCCKS/203gow Web Book


チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site