2016年05月02日

[編み展示イベント3/19]第13回 千代田福祉まつり2016 にて「ちよだふくし編み山車」展示しました。 

九段下新しく出来ました、かがやきプラザ!
オープンを記念したイベント、
「第13回 千代田福祉まつり 2016」にて
千代田区民の皆さんと制作しました
「ちよだふくし編み山車」がお披露目しました。


千代田区民の皆さまとアートな作品をつくる
ということで、まずは区民の皆さまに親しみを
感じてもらえるような作品をと思い、
江戸城を囲むお堀と二重橋。
そこに、コブハクチョウ・桜・松は
区の鳥や花と木のモチーフを添えました。
お祭りも多い土地柄も考慮し
大きな編み山車をつくることを提案しました。

という構想図はこちら↓

ちよだふくし編み山車-イメージ画-203gow



制作は、2016年1月中旬より開始
モチーフをウレタンで切り出してから
編み手を募集しました。
毛糸やモチーフのみを、ご提供してくださる方や
実際に制作会場へ足を運んでくださる方々と、
たくさんの人たちが編みワークショップに参加。
制作会場は、アーツ千代田3331と、かがやきプラザ




ちよだふくし編み山車-ワークショップ


ちよだふくし編み山車-ワークショップ






ちよだふくし編み山車-ワークショップ


ちよだふくし編み山車-ワークショップ


ご参加して頂いたみなさま、
ありがとうございました。
とってもすてきな編み山車が出来ましたよ!

ちよだふくし編み山車



制作にあたって、
制作編みワークショップを全7回開催し
初めて編み物をした人や、ベテランの人、
お子様からご年配の方、男女問わず
「編む」ことでつながって
テーマでもある、多世代交流を果たし
編みの輪は楽しく広がっていきました。





今までに無いものを一から編みつくりあげるので
今回、出来上がる作品のイメージを理解してもらえるまで、
少し時間がかかりました。
特に手練れた方々は、決まった形は得意でも
自由に編む事(オリジナル)は不慣れでしたが、
ワークショップを重ねるごとに、徐々に浸透し、
理解を深めた時、一体感と連体感が芽生え
一気に制作が進み、より愉快で自由な作品モチーフが増えてきました。



一から作り上げる事は、根気も入ります
長続きする秘訣は、いかに楽しむか、面白がれるかです。
自分で決めて編める事の楽しさや喜びを共有し
理解して貰えたのでは、とても嬉しく思います。

そして、
個性的な編みパーツを組み合わせて編み山車の完成!
わ〜い、やったー!

かがやきプラザにて、
第13回福祉祭り ひだまりホール 展示様子




今回の作品は、福祉祭りに向けての展示でしたが
好評につき、延長展示できることになりました
場所は、九段下の「かがやきプラザ」
4Fのフロアーにて 展示中です。
ぜひご覧ください〜。


誰でも観れる展示ですが、
会館時間と休館日がありますので
ご確認ください。(写真OK)
詳しい内容は、またご連絡いたします。


<展示場所明細>
高齢者総合サポートセンター
かがやきプラザ
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-10
午前9時〜午後5時

m203gow at 09:11│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
Archives
BCCKS/203gow Web Book


チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site