2015年11月14日

203gow×ミヤタケイコ「編みと縫いの幻(マボロシ)庭園」展 10/29〜11/9迄(2015/終了)と、過去回想、2013-編みと縫いのSF展(パラボリカ・ビス)と、2014-青山円形劇場「御ゑん祭」舞台美術的な。

はい。ブログ書きます。

先日、無事終了致しました展示の
明細と回想と、もっと回想。



12189733_988920631131452_7815506338619145714_n


CSZ6nW9UcAAwMl_


久々にですね、
縫い立体作家のミヤタケイコさんと2人展。
「編みと縫いの幻(マボロシ)庭園」展を開催。

それぞれ個々に活動しているんですが、
この展示した時の一体感。。

特に同じ道を進んでいる訳でもないのだが、
この違和感のなさ。。

子供のころの体験が、境遇が、似ているのか、
年齢も生まれも違うのだが、

この調和。。

IMG_9066


CTQqCMAUwAU5aWJ


CTVyfj9UcAAOGev


12191218_10154413330803228_1144039053445841491_o


IYEdCHxU


"ウレシカ"にて「編みと縫いの幻(マボロシ)庭園」展を開催中!Facebook記事



で、 回想1


思い起こせば、2年前。
浅草橋の「パラボリカ・ビス」にて2人展、
「編みと縫いのSF展」を開催し、
とても評判がよく、赤子が泣き、皆迷宮。
穴蔵な迷路な悪夢な面白い編み縫い展示でした。

「編みと縫いのSF展 2013 思い出より




回想 (編み縫いSF展/写-2013-Facebook)
回想2 (編み縫いSF展/写-2013-GooglePhoto)


で、 回想2


「編みと縫いのSF展」第一回2人展がきっかけで
翌年、舞台美術へとうつりかわるのだ。

青山円形劇場が2014年末にて、閉館するのに伴い
舞台公演での展示?舞台セット?というお話が来まして、
また2人で編み縫い散らかしするのであった。

つづきは、リンク記事参照。





リンク記事

[つ、ついに、初日を向かえたのだ!
編み縫い舞台美術担当録。2014.Facebook記事 ]


[続、舞台な編みな縫いな作業な 舞台美術担当録 2014.Facebook記事]

[続続、舞台な編みな縫いな作業は まだ続くんですかね、舞台美術担当録 2014.Facebook記事]

[さようなら青山円形劇場、そして水戸芸術館へ 2014.Facebook記事]


▶︎青山円形劇場2014 近藤芳正プロデュース"バンダ・ラ・コンチャン"「御ゑん祭」編み縫い舞台美術担当(ミヤタケイコ × 203gow) Google Photo2014-10
▶︎水戸芸術館バージョン Google Photo2014-10


そして、ずっと回想。

m203gow at 10:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
Archives
BCCKS/203gow Web Book


チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site